【レシピ】腸活!甘酒豆乳プリンの作り方

こんにちは!
福岡で活動する
管理栄養士の笹村望です。
 
今日は、
「いつも料理教室で
どんなものを作っているの?」
という声にお応えして
 
3月の料理教室の
レシピを1つ
ご紹介いたします^^
早くできて、おいしい
普段デザートとか作らんし!
という方にぴったりだと思います。
是非、作ってみてください♡
 
あ!そうだそうだ。
おすすめの甘酒も
最後に紹介しますね♪

腸が喜ぶデザートでカラダと心に嬉しい
甘酒3色プリン


 

材料(4人分)

 
(A)緑の層
・無調整豆乳…100ml
・甘酒(米麹からできたもの)…100ml
・抹茶…小さじ1
・アガー…3g
 
(B)白の層
・無調整豆乳…100ml
・甘酒…100ml
・アガー…3g
 
(C)ピンクの層
・無調整豆乳…80ml
・甘酒…80ml
・いちご(大きくて甘いの)…8粒
・アガー…3g
・飾り用のいちご…4粒
 
(使う道具)
・小鍋
・ブレンダー、またはミキサー
・ボウル
・透明カップ4つ
 

作り方

 
(緑の層)
① ボウルに、抹茶・アガーを入れて 混ぜる。
 
② ①に少量の豆乳を入れ、抹茶がダマにならないように混ぜる。
 
③ ②がキレイに混ざったら、残りの豆乳、甘酒を入れて混ぜる。
 
④ 鍋に③を入れ、泡がふつふつしたら、透明カップの1/3まで注ぐ。
 
⑤ 冷蔵庫に入れて冷やす(5分ほどでOK)
 
(白の層)
緑の層を冷やしている間につくりましょ。
 
① ボウルに、甘酒・豆乳・アガーを入れて混ぜる。
 
② 鍋に①を入れ、泡がふつふつしたら、透明カップの1/3まで注ぐ。
 
③ 冷蔵庫に入れて冷やす(5分ほどでOK)
 
(ピンクの層)
白の層を冷やしている間につくりましょ。
 
① 飾り切り用のいちごは洗ってヘタを取り
縦1/2に切って、置いておく。
 
② プリン用のいちごは洗ってヘタを取り
ハンドミキサーでつぶすか、
ミキサーに豆乳・甘酒も一緒に入れて混ぜる。
 
③ ②に、アガーを加え、よく混ぜる。
 
④ 鍋に③を入れ、泡がふつふつしたら、透明カップの1/3まで注ぐ。
 
⑤ 冷蔵庫に入れて冷やす(5分ほどでOK)
 
⑥ 固まったら、飾り切り用のいちごを添える。
 
完成!
 

 
意外と簡単にできて、
優しい味で、大好評いただきました。
 
お子様と一緒でも作ることが出来るので
是非、作ってみてくださいね♪
 

おすすめの甘酒

 
こちらのお料理で大切なポイントは
どの甘酒を使うか
によると思います。
 
今回ご紹介したレシピ以外でも
日常生活に是非取り入れて欲しい
甘酒をご紹介いたします♪
 

オススメ度 ★★★★★
国菊 甘酒


 
こちらが、ダントツに美味しいです。
のどごし、口当たりも良く、
ふんわり甘い甘酒。
 
福岡県の朝倉というところで作られています。
 
2008年モンドセレクション
「ダイエット食品&健康食品部門」で金賞を受賞したほどの
人気商品。
 
米麹と米のみから糖化させたストレートタイプの飲料で、
防腐剤・糖類は一切使用していません。
 
900ml入って600円ほどのお値段です。
 
味・お値段共に
はじめて甘酒を飲むという方にピッタリです。
甘酒の概念が、変わります。
 

オススメ度 ★★★★★
ミツル醤油 甘酒

 

香りも味も柔らかいですが
味はしっかりと感じる甘酒です。
 
つぶつぶも、国菊の甘酒に比べると少ないように感じるので
飲みやすいです。
 

その他にも・・・

もし、それ以外の甘酒で
おこの甘酒はどうなんだろう・・・?
 
と思った時に見て欲しいのが
 
商品の裏に書かれている
原材料の箇所。
 
こちらに
「米、米麹」
のみかかれている米麹の甘酒がおすすめです。
 
 
もし、この2つ以外に
「アルコール、アミノ酸、ナトリウム・・・」
など書かれている場合は
添加物が入っていて
 
甘酒本来の味・香りが損なわれるので
おすすめしません・・・。
 

おわりに。

 
こちらのデザートは
アガーを使っているので
常温でも溶けにくいデザートです!
 
なので、お花見の時に
お外に持って行っても
素敵だと思います。
 
3色で見た目も可愛い
こちらのプリン。
 
是非、作ってみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です