「本物」とは何か

【本物】 (goo国語辞書より)
1.にせものや作り物ではない、本当のもの。
2.見せかけではなく、実質を備えていること。

見せかけ管理栄養士の誕生

管理栄養士になって1年目。私は、管理栄養士の国家試験に無事に合格して、ドラッグストアに勤めていました。ドラッグストアでは、商品の管理、販売をしながら
サプリメント、栄養のカウンセリングをしていました。

栄養相談では”痩せたい人”、”健康診断で異常値が出た人”など色んな方が相談に来るので、管理栄養士の知識を使い、栄養相談をしていました。

「野菜の摂取量が少ないので、いつもの献立に1品プラスしてみましょう。」

「お菓子の食べ過ぎで体重が増えたと考えられるので、お菓子の量を減らしましょう。」

お一人お一人悩みは違うので、私はお客様専用の資料などを作ってお渡ししていました。翌月お会いしたときにお客様の悩みが改善していてお客様の喜ぶ顔を見るのが嬉しかったですし、やりがいを感じていました。

・・・

でもそれは表向きなお話。

私は、栄養相談を終え、食事のために休憩へ入ります。そこで私が食べるものは、ドラッグストアで販売されているカップ焼きそばとアイスクリームでした。私は、人にあれこれアドバイスするくせに、自分の食事管理は全く出来ていなかったのです。

知識だけつけて、全然自分の生活に生かしていない。日々の生活に疲れすぎて、ご飯を作る気力も元気もありませんでした。

私は、こんな自分が大嫌いでした。

周りのスタッフは、自分でお弁当を作っている人もいます。管理栄養士の私の食事はカップ焼きそばとアイスクリームです。しかもこれがほぼ毎日。酷い日になると昼食は板チョコだけだったりしました。

管理栄養士なのに、自分の栄養管理が出来ていないこと、 料理を作る気になれないのが 本当に嫌で嫌でたまらない。なのに、料理を作る気になれません。罪悪感に溢れすぎて、どんどん自分の事が嫌いになっていきました。

「管理栄養士なんて、なるんじゃなかった」

食の話をしない管理栄養士

その後、私は体調を崩してしましました。そしてドラッグストアを退職することになりました。退職後、私は周りの方に助けられいろんな職場にお手伝いに行かせていただきました。

管理栄養士としての職を離れ、いろんな世界を見てみようと思いながら様々なジャンルの方に出会いました。

しかし、そこでまた「管理栄養士」という資格が、私につきまといます。

人に紹介してもらう時に、その方が
「こちらは、笹村望さん。管理栄養士なんですよ」
と私の事を紹介して下さいます。

これは必ず出るフレーズでした。

(やめてくれ。)

私はこころの奥でそう思いながら無理な笑顔を作っていました。

私は、管理栄養士の資格はあるけど管理栄養士と名乗れるような人間ではない。

だけど、誰かに管理栄養士と知らるたびに、食の専門家としてちゃんとしないといけないと無理に演じることになりました。普段は、料理なんてしないくせに自分が出来ること以上の料理を頑張ってみたり、食や栄養の話題について意見を求められ真面目に答えていました。

その時は、意見を求められることがどんなに辛かったか。

「笹村さんはどう思う?」

わ、私ですか・・・。大学の時に習った知識と
自分が好きなジャンルについて
相手を不快にさせない言い方で
自分の意見を伝えます。

それは、端から見たら浅い、浅い知識だなと
思われたことでしょう。

そして、その浅い知識がこてんぱんにぶちのめさる日がやってきます。

糖質制限・マクロビ・ヴィーガン・なんちゃら法(名前すら忘れてしまった)

その人達の反論にこたえられない管理栄養士。
なんだかもういろいろと限界でした。

もう、人の前で食の話なんてしたくない。

もうさ、食べたいものを自分で勝手に食べればいいじゃん。
人に強制してこないでよ。否定してこないでよ。
自分で勝手にやってくれ。

そう思う反面、こんな管理栄養士最低だ。
そう思う自分もいました。

本物の管理栄養士になれたきっかけ

そんなとき、あることが起こりました。

父が 50代なのに 、なんでそんない忙しいんですかというぐらい忙しかったんです。そして、食事を聞くと、 「うっ・・・」 と思うようなものなのでした。私は、そんな父の話を聞いて、「なんとかしたい」と強く思ったのです。

そして、もうひとつ存在もあります。
それは、大切な大切なお客様です。

私のところにくる相談のきっかけはさまざまです。

減量したい。
血圧を下げたい。

しかし、そのきっかけの奥のお話をお聞きするようになって
私は、お客様の本当の望みを知ることになったのです。

その本当の望みはこんな感じです。

  • 痩せて、膝の痛みがなくなったら、娘と旅行に行きたい。
  • 孫が成人になるまで元気で生きたい。
  • スポーツのパフォーマンスを上げて代表になりたい。
  • 息子と、美味しいご飯を食べに行きたい。

など、さまざまです。

お客様の本当の望みを聞くようになって
私の考えは変わりました。
この方の今後の人生が私にかかっている。

この人の夢が叶うのは私次第なんだ。
と思うようになりました。

それからです。

今まで、教科書通りの栄養アドバイスをしていましたが
その人の性格や生き方に合う
栄養アドバイスはできないかを考えるようになりました。

本当の意味で健康になるためには私に何が出来るのか
無い頭で必死に考えました。

そして、行き着いた答えが、

「腸」

でした。

カチッと自分の中で何かがかみ合ったような。頭の中で、パズルのピースがぱちっとはまったような音がしました。

腸にフォーカスするといろんなことが繋がっていくのです。

腸が喜ぶ発酵食品との出会い

腸を整える食事で、私でも続けられる入り口ってなんだろう。
色々と調べ行きついたのがお味噌でした。

私が大好きなお味噌。
お味噌から発酵食品を勉強しよう!
そして、発酵食品の大切さを伝えて自分で自分の体調を
管理できる人になってもらおう。

そこから、私の活動のテーマである
発酵食品を中心とした
腸を整える食事で
あなたと、あなたの大切な人の
毎日をサポートする管理栄養士

が定まりました。

この瞬間、私は本物の管理栄養士にほんの少しかもしれませんが、そうなれが気がしました。

「本物」とは何か

私が思う「本物」って自分で核心を持ったものを
相手に真っ正面向いて、ちゃんと目を合わせて
伝えることが出来るものだと思います。

うわべだけの知識や自分でやっていないような
ことを伝えるから、辛くなる。

  • 自分が実際に体験したこと
  • 感じたこと
  • これは良かったというもの
  • これは良くなかったというもの

そういったものを今、目の前にいる大切な人に
私の言葉で伝えよう。今はそう思っています。

おわりに

今なら胸を張ってあなたの目を見てこう言えます。

「初めまして。管理栄養士の笹村望と申します。
食・栄養のことなら、なんでもお任せください。
あなたの人生がより良く進むために
食の面から全力でサポートさせてください。」

これが、私が本物の管理栄養士になれた理由です。