感情を決めるのは、食事です

どれだけセミナーを受けても

どれだけ筋トレをしていても

どれだけ自己啓発本を読んでも

どれだけヒーリングしてもらっても

どれだけカウンセリングを受けても

変わるのは一時的で
結局変化が無いんです〜

という相談をされる方に共通しているのは

《食事が自分に合っていない》

なんですよね〜。

・すごく責められたように感じてしまう

・否定された気がする

・すごく頑張ってるのに上司がひどい扱いをしてくる

・やっぱり私はダメなんだと落ちこむ

・やる気が出なくて行動が出来ない

・中々習慣にできない

こう感じてしまうのは

自分が責められるような

言葉や環境を選んでいるのですが

その環境にいないと、自分が生きられない

と思いこんでいることが非常に多く

その思い込みを作る根本は

・栄養がない食事をしている

・栄養が足りていないため、
体に必要な栄養を分解して生きているから
体が非常事態になっている

・体に負担をかける物を食べすぎている

ことがあって

まずは、そこのケアなんですよね。

先に栄養です。

次に、思考(考え方)です。

栄養を整えると

人生、ほんとに生きやすくなりますよ。

いつも読んでくれてありがとう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。