幸せを感じやすくするポイントは、”よく噛む”こと

食事をすれば幸せになるわけではなく、
満腹になれば幸せになるわけではなく、

よく噛むことによって

脳内麻薬の
「βエンドルフィン」
を出す事で

私達は幸せを感じます。

でも、私達は
ストレスを感じるときにも
無意識に「歯を噛みしめる」癖がありますよね?

それは、体がストレスに対抗するために
歯を噛みしめることで

脳内麻薬の
「βエンドルフィン」を出して
その状況に、耐えよう、耐えようとしています。

歯科矯正でお世話になっている先生いわく
「歯ぎしりや、作業中に歯を食いしばるのは癖」
だそうで、私達は無意識でストレスと対抗している。

でも、この「歯を食いしばる」事が原因で
体に様々な不調を起こしていて
(私がそうだったのです、だから今歯科矯正中)

頭痛、肩こり、過敏性腸症候群とか

直接歯や顔に関係しないところまで影響されます。

普段、歯を噛みしめる癖がある方は
無意識でストレスが長時間体にかかっているので
マウスピースもおすすめですが

根本は、ストレスそのものなので
腸活やカウンセリングを通じて

ストレスの根本に気付き
そこのケアをすることで

結果的に、全身が楽になって
幸せ体質にもなってしまうという

腸活は魔法のような存在なのですよ。

いつも読んでくれてありがとう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。