管理栄養士ってコンビニのお菓子は何を食べているの?私がコンビニで買う間食はこちらです。

「管理栄養士って、コンビニとかでお菓子を買わないと思っていました。」
確かに、コンビニなどではお菓子を買わず
自分で作るという方は、管理栄養士も、管理栄養士ではない方もいます。
ただ、私は
コンビニでお菓子を買います。
特に、ローソンとセブンイレブンが好きで
お菓子以外でも、今どんな料理が人気なのか
調査がてら行くことも多々。
ただ、コンビニで買うお菓子は
選んで買っています。
今日は、管理栄養士の私がコンビニで買う
お菓子を、理由と共に紹介します。
 

ローソン

 

マクロビ派ビスケット


私が、コンビニお菓子の中で今一番はまっているのはこちら!
コンビニ、チェーン店で販売されているお菓子にしては珍しく
白砂糖・バター・マーガリン不使用!
そして、原材料もカラダに嬉しいものが入っています。
アーモンド、かぼちゃの種、ひまわりの種
オーツ麦フレーク、玄米フレーク、北海道小麦粉
バニラエッセンス、てんさい糖、塩、
食用菜種油、クランベリー
(プレーン味の場合)
私は、完全マクロビ派ではないのですが
添加物が少なく、油の種類も菜種油なので
罪悪感少なく、楽しく食べることが出来ます^^
一袋食べきっても188kcalなのも嬉しい♡
(1日の間食のエネルギーは200kcalが目安です。)
 

ドライフルーツ&ナッツ


これ、すごく美味しいです。
中身は、アーモンド・カシューナッツと
ベリー類。
ナッツは不飽和脂肪酸が含まれていて
血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きをします。
アーモンドは、
抗酸化作用、アンチエイジング作用のあるビタミンEが豊富に含まれていて
脂肪燃焼に欠かせないビタミンB2や食物繊維も豊富♪
カシューナッツは、
亜鉛、鉄などのミネラルが豊富♪
ただ、糖質が高いので、食べ過ぎ注意です。
ブルーベリーは、
毎日のパソコン、携帯操作による
目の疲れをケア♪
小腹が空いたときに最適なお菓子です。

干芋スティック


添加物が少ない、干し芋です。
さつまいも本来の甘さがしっかり口の中に残るので
食べ応えは十分にあります。
食物繊維も豊富に含まれているので
普段、お菓子を
ポテトチップス、ケーキ、ヨーグルト
に偏りがちな人は是非、食べて欲しいお菓子です。
普段より、便の質が変わるはずです。
 

セブンイレブン

ハーゲンダッツ


アイスは、ハーゲンダッツ一択。
なぜなら、アイスクリームだから!
 
実は、アイスには、4種類あって
①アイスクリーム
②アイスミルク
③ラクトアイス
④氷菓(かき氷)
それぞれ、乳固形分と乳脂肪の含有量が違います。
①アイスクリームとは
乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 入っているもので
風味が良く、栄養価も優れています。
(ハーゲンダッツ)
②アイスミルク
乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上)
(雪見だいふく など)
③ラクトアイス
乳固形分30%以上 のもの。
(爽 など)
 
アイスクリームの中で
代表的なものが、ハーゲンダッツ。
ハーゲンダッツは、アイスの中でも
添加物が少ないアイスクリームとして有名。
味も濃厚で、食べ応えがあります。
アイスの原料となるミルク、砂糖、卵白から素材を厳選しているので
アイスを食べるときは、ハーゲンダッツを選んでいます。
添加物の量が比較的少ないのは、バニラです。(244kcal)
ただ、
季節限定のものがあるとついつい買ってしまいます 笑
それでも、1日に1つ食べることはなくて
2日かけて、やっと1つ食べることが出来るぐらい
満腹度が高いです・・・。
 

まとめ

間食・コンビニ食を勧めているわけではないです。


今回、お伝えした
コンビニで選ぶお菓子は、あくまで
どうしても、コンビニでお菓子が買いたくなったときに
選ぶと比較的良いもの。
ということです。
理想は、
普段の食事を栄養バランス良く食べ
お菓子を欲しないカラダづくりをすること。
また、お菓子は手作りのほうが
材料が全て見えますし、安全です。
味付けも自分好みで出来るので
お菓子を食べることによる
・糖分取り過ぎ
・油摂りすぎ
を防ぐことが出来ます。
 
お団子でしたら
白玉粉と豆腐があれば
10分ぐらいで完成するので
是非、作ってみてください^^
今度、レシピを書こうと思います!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です