正月に体がダルくなる理由とケア方法

菌を愛で、味噌を愛している望です。こんにちは。

年が明けて、お参りも終わって
もうすぐでいつもの日常が始まるな〜ってゴロゴロしていたら
動くのが面倒くさくなってくるのではないでしょうか。

お遣いを頼まれて外出するのも
折角だからどこかに行こうか〜って街に出ても
初売りで賑わっている街は人が多くてそれだけで疲れちゃったり。

こんな感じでいつも通り学校やお仕事が始まったら
きっと、ダル重たい感じで捗らんのやろうな
って感じではないでしょうか。
(正社員時代の私はそうだったんだけど皆はどう?)

折角の年始で体も心もしっかり充電して欲しいと思ったので
体が少しでも軽くなるような方法をお伝えしますね。

お餅、あんこ、お菓子を食べ過ぎるとダルくなる

正月シーズンによく食べる
お餅、あんこ、お菓子などは、たっぷりの糖質を含んでいます。

食べるその時は美味しくて、幸せ〜な気分になるんだけど
体の中はてんてこ舞いになっていて。
体の中の血糖値が急激に上がるんですね。

血糖値って急激に上がったり、血糖がずっと血中に多量にあると
体にダメージを与えます。
なので、早急に下げなきゃ!とインスリンという肥満ホルモンと呼ばれるホルモンがバンバカ出て、血糖値を急激に下げます。

急激に血糖値が下がると、低血糖になります。
そうすると脳は血糖値を上げたくなるので、また糖質たっぷりの食べ物を欲します。
そこで食べるとまた急激に血糖値が上がる。・・・その繰り返しになります。

この血糖値の乱高下の繰り返しが
体をダル〜〜〜くさせるんです。
もう、疲れちゃってるのです体が。

ダル重たい体のケア方法

では、どうやったらケア出来るのかというと
急激に血糖値を上げる食生活をSTOPすることです。
緩やかに血糖値を上げて、緩やかに落ちる生活にすれば良いです。

お餅1つは、ご飯茶碗1杯分のエネルギーがあり
消化にも大きく負担をかけます。

体がダル重たいときは、すぱっとお餅をやめてみて
代わりに、具だくさんのお味噌汁や大根おろしたっぷりの納豆を
食べて胃腸を休めてください。

あんこ、お菓子もかなり体に負担をかけるので
やっぱり具だくさん味噌汁とか、どうしてもお菓子が食べたいと思ったら
干し芋とか無添加のお菓子に切り替えてゆっくり食べることもおすすめ。

個人的に一番お勧めな食べ物は
やっぱり具だくさんお味噌汁なんです。

食事の始めにお味噌汁から飲む。
小腹が空いたらお味噌汁を飲んでみて、それでも何か食べたいときは食べれば良い。

やってみたら分かるのですが、具だくさんお味噌汁に体に必要な栄養素が結構入っているのでお腹も心も満足するんです。
おまけに胃腸にも優しいので、ダル重たい体のケアには最適です。

後は、朝イチに血糖値を爆上げするものを食べる事を控えることは大切。
朝一に急激に血糖値を上げたら、血糖値ジェットコースターの始まりです(笑

私にとっての最良のケア方法は
胃腸を休ませる為にするファスティングです。

2,3ヶ月に1回はしていますが
胃腸を休ませる以外にも、むくみが改善したりお腹がスッキリ凹むし
体も軽くなるし、思考もスッキリするし、良いことづくしなのです。

1月15日以降に、10人以上と一緒にファスティングをするので
興味がある方は、「お問い合わせ」から連絡くださいね^^
はじめの方大歓迎です。

さいごに

ゆっくり体も心も休める期間だからこそ
自分の体を労る期間にもしてほしいなと思っています。
食事を通して自分を大切にしているときって
何か、心が落ち着くんですよね。

良かったらやってみてね。

毎日気軽に腸活情報を知りたい方は
私のつぶやきLINEがあるので
良かったら友達登録してね。

友達追加はコチラからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です