人間関係が嫌だから起業ってのは私は賛成派です。

菌を愛で、味噌を愛している笹村です。こんにちは。

最近、私の元に
「私も笹村さんのようにフリーランス栄養士になりたい」
ということで相談に来てくれる人が多いのですが
(今度正式に相談機会を設ける予定)

どうして、フリーランス栄養士になりたいの?と聞くと
「今の職場の人間関係が嫌だから」
「お局さんにいじられたり、調理員達と馴染めないのが嫌」
「上司が嫌だから」

という理由を多く聞きます。

一般的には、
ばかやろう、今の環境の人間関係が嫌だからって独立起業って
世の中そんなに甘くないんだよ。ばかたれが。

って言う人も多いですが、
私は別に良いと思っている人。いいんじゃな〜い。って言う人。

なんでそう思うのかって言うところをお話ししようっと。

嫌なもんは嫌だもんな。

世の中には、自分と合わないけど生きていく為には
会わない人ともどうつるむかっていう経験も必要なんだから
我慢しなさい。

って言われるじゃないですか。

でもさ、自分にとって嫌な人と接している時間って
苦痛の極み。話すのも嫌。一緒にいるのも嫌。

なんなら、シフト表が出たときに
その人と被っているところを先にチェックして凹んだり。

毎日会うような人だったら
毎日その人の機嫌を伺ったり、その人の機嫌が悪かったら
なぜか自分のせいか?って思って挙動不審になったり。

やりたいことがあってその職場に就職したはずなのに
気がつけば、回りの機嫌を伺って動くロボットみたいになってる。

そんな状況で毎日働くのって、きっついです。

何のために生きているんだろうって虚しくなるし。

自分のやりたいことのために、自分がそこにいることを選択して
自分の意思で嫌な人の側で働く

というのを自分で決めていれば何の問題も無いのですが

自分がこんな目にあっているのは○○さんのせいだ

って思い出したら、そこに自分の意思はないです。

だって、本当に嫌ならさっさとやめて次に行った方が
次以降にあなたのやりたいことに出会えるかもしれないし。

自分の意思でそこにいるのに
人のせいにするのってどうなんだい?って思います。

だから、どうしても嫌だったら、辞めてもいいんじゃないかな。

独立後も、嫌な人と会うことはある。

嫌な人がいて嫌だから、退職して独立しても
嫌な人と会うことはあります。

でも、独立しているあなたは
全部あなたの意思で選ぶことができるので

その人とこれからも繋がっていくのか
それとも、会わないのかを選べます。

この選択は、自分の心に任せて選ぶのは良いと思います。

そうすると、色んな事に気がついてきます。

自分にとって嫌な人だと思っていたけど
それは自分の勝手な偏見だった。
むしろ愛があって自分に接してくれていたことに気づいた。

嫌だなって思うところはあるけど
それはその人の1部だけで、その人自身が全て嫌ではないから
心地よいところだけ一緒に過ごすというバランスが取れるようになる。

正直に、「私はここが嫌だと感じた」と相手に伝えたら
相手はよかれと思ってやっていたという、お互いのズレが発覚。
お互いに正直に伝え合ったことで、何でも打ち解け合う仲間になった。

もう、本当に嫌すぎて嫌な人と会わないように
今までやっていた仕事を変えてみたら、その仕事の方が自分に合っていて
楽しく、やりがいをもって毎日仕事ができるようになった。
(嫌な人は、あなたがあなたに合っていない方向に行くのを止めてくれたキーパーソンだったんだってこの時に気がついて感謝に変わる)

これ以外にも様々な気づきがあると思いますが

全部、あなたにとって必要な学びだったんだってことに繋がっていくので
勇気を出して色々試してみるのは良いですな。

練習場所として今の職場で試してみるのは?

上に書いた気づきは、自分で行動したから得られる気づきです。

今の人間関係が嫌で起業しようって思っているとしたら
どっちにしろやめるんだったら

何で今、私にとってあの人は嫌な人なんだろう。
あの嫌な人は私にどんな事を伝えてくれようとしてるんだ?

って考えてみて、向き合ってみる良い機会かもですな〜。

チャレンジできそうだったら今いる環境で向き合って行動してみてね。

行動する前は不安で不安で仕方ないかもしれないけど。
応援しています^^

徒然なるままにつぶやいている

友達登録してねん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です