断食とミネラルファスティングの違い

6日間ファスティング2日目の笹村です。こんにちは。

私は2ヶ月に1度定期的にミネラルファスティングをしていて
毎回、体感的にも数値的にも短期間で効率的に元気に美しくなるので
その報告をSNSでするんですね。
後は、その変化が嬉しくて色んな人に体感をシェアするのです。

その度に、必ずといって良いほど言われることが

・絶対にリバウンドするから止めた方が良い。
・筋肉や骨密度が減るから止めた方が良い。
・元気がなくなるから止めた方が良い。
・体調が悪くなるから止めた方が良い。
・管理栄養士なのに食べないことを推奨しちゃだめでしょ。

ということですね。

もう、今ではファスティングをしている人が周りに多いので
こういった声を聞くことは少なくなってきたのですが
これを言われる度に思います。

それって、「断食」のことでしょ?

って。

確かに、断食の場合は上記症状が出るので
私は断食は一切おすすめはしません。
ましてや長期断食をする場合は、もはや餓死への道だと思います。

でも、私が定期的に行っているのは
「ミネラルファスティング」

今日は、「断食」と「ミネラルファスティング」
の違いを知って頂ければと思います。

断食とは

断食とは、古来から修行の一環で行われていました。

摂取するのは、水または水と塩。
究極は、何も口にしないという人もいるぐらいです。

これって、どういう状況か想像できますか?

そうです。山での遭難状態と一緒ということなのです。

山で遭難された方が救助されたのを
テレビなどで見たことがあるかと思いますが

まず、一人で歩けないですよね。
それだけ筋肉が分解されて、骨密度も落ちて
歩けないどころか、立てなくなるのです。

あとは、断食することにより全身の細胞に溜まっていた
有害物質が血液にながれでるのですが
それが効率よく、尿や便で出て行かない。
ということは、毒素をたっぷり含んだ血液が
全身を巡るので、脳や全身のダメージが来ます。

そうすると、頭痛、手足のしびれ、めまい、幻覚
などの症状が出てきます。

私の元で今ファスティングされている方のうち
何名かが、水だけ断食をされたことがあり
「あまりにも頭痛に耐えられなくなって
2日目で挫折しました。」
という報告を受けたことがあります。

むしろ、2日目までよくぞ耐えたって思いましたし
自分で危険だと判断されて中止してくれて
本当に良かったって思いました。

過去に水だけ断食で失敗された方は今では全員
5日や7日、14日間ファスティングが習慣で
みるみる美しくなっていますね。嬉しいです。

ミネラルファスティングとは

対して、私が定期的にしているのは
ミネラルファスティングです。

これは、水だけの断食とは全く異なり
栄養をきちんと食べながら行うものです。

正確には、体に入れても体が分解する必要が無いほど
食べ物が分解されているものを毎日飲んでいます。

なので、食べ物を食べたときに使う
「消化酵素」を使う必要が無いので
その分、「代謝酵素」というものが働いて

・全身の細胞に溜まった有害な物を効率よく尿・便で排出する。
 (有害な物:農薬、添加物、薬の油など)
・血管のお掃除もしてくれるので巡りが良くなる。
・栄養バランスの整った物を食べるので代謝が正常に働く。
 (代謝:摂った栄養をエネルギーに変える流れのこと)
・ファスティング3日目から脂肪が燃えはじめる。

ということが起き始めます。
そうすると、こんな事が起きます。

・筋肉、骨密度が維持されているのに、体脂肪が落ちる。
・肌がワントーン上がる。
・肌がもっちり、すべ肌になる。
・むくみが改善される
 (特に女性は顔が顕著!)
・肩こり、手足の冷えが改善される。
・1日中元気にお仕事ができる。
・夜は布団に入った瞬間に眠れ、朝は起きた瞬間から活動できる。
・お腹がぺったんこに凹み、ベルトの穴が2つきつくなる。
・ポジティブ思考になり、精神が落ち着く。
・色んなアイディアが湧き出てきて、対処に追われる。

良いことしかないじゃん!
と思われる方もいるかもしれませんが
このミネラルファスティングはデメリットもあります。

ミネラルファスティングのデメリット

体に悪影響を及ぼすものが入っている食べ物を
体が受け付けなくなるんです。

・コンビニ弁当
・ファストフード
・外食の揚げ物
・スナック菓子
・添加物が多いお菓子

などですね。

以前、甘い物依存を克服したくて
ミネラルファスティングをされた方がいたんですね。

彼女は5日間ファスティングを達成して
体の内側からキレイに整った状態になりました。

そして、彼女はいつも食べていたコンビニスイーツを
久しぶりに食べてみてびっくり。
舌がビリビリしびれて、食べる事ができなかったんです。

彼女は、それが添加物などが影響して体が入れちゃダメ!
とサインを出していることに本能的に気づき、それ以降食べなくなりました。

それからも、生理前に必ず欲していたスナック菓子を食べてみたり
ドミ●ピザやアイスクリームを食べてみたりしたのですが
どれも、口が受け付けずに食べることができずにゴミ箱行き。


あれだけ我慢しても食べてしまって自分に罪悪感を感じていたのに
今では、自然と口にしなくなり彼女は今野菜をメインに食べています。

今、彼女は体重が9kg落ちて、ニキビ肌だったとは
想像できないぐらいキレイな肌になっています。

体に悪いとは分かっているけど、時間が無いからと食べていたものが
自然と口にできなくなるので
そこからはもう、自然に作られた物で生きていくようになります。
これが、読まれる方によってはデメリットと感じる方もいますね。

まとめ

以上、断食とミネラルファスティングの違いをご説明しました。

ミネラルファスティングは準備期、復食期をどう過ごすかによって
結果は全く違って来ます。

もし、やってみたいなという方はご連絡くださいね。
心を込めてサポートさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です