人を助ける仕事をしているのに自分が疲れ果ててしまう

【人を助ける仕事をしているのに自分が疲れ果ててしまう】
というのは、あるあるなのではないでしょうか^^?

もちろん、私も
管理栄養士として
全国の方の体質改善サポートや

副業支援サポートをしている中で

助ければ助けるほど
自分が疲弊していた時期がありました。

でも、何故疲れていたのかが明確になってからは
疲れるどころか

どんどんエネルギーが沸いてくるようになりましたよ^^

↓↓↓その方法とは↓↓↓

相談されて、私がそれに対して
どんなに一生懸命話したとしても

結局の所、やるかやらないかは
本人が選ぶものであって

それは、いつどのタイミングで
やるのか、やめるのかは
伝える側が決めるものでは無くて

本人の意思を尊重して信じる事

↑↑ということを意識しています↑↑

最初は、

頼られているんだから

何が何でも、
本人に意識と行動を
変えてもらって

私が望むようなゴール地点に
相談相手を必ず導かなくちゃいけない

と思っていました。

でも、それは完全なる
伝える側のエゴ。

本人の人生なのですから

いつ、どうするかは

本人が選ぶことで

私達、助けたり伝える側がやることは

《その時、その瞬間に、やれることを全て行うこと》

だと思う^^

そして、疲れた時は

自分が誰かの助けを得る番です。

助け合いなのです^^

いつも読んでくれてありがとう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。