【1月料理教室】手作り出汁で作る基本の和食

「美味しい出汁をとりたい。」

クライアント様と、料理のお話をする度に
決まって出る言葉。
 
最近は、
外食や、中食(スーパー・コンビニで買ったものを家で食べる)
が多いなか、
 
 
今日は、しっかり手作りの和食を作りたい!
というときに
あれ?出汁ってどうやって作るの???
と困る方がいらっしゃいます。
 
(「普段は料理しないけど、
彼氏の家で料理をするときは、出汁からとりたい。」
という、声も。か、かわいい。)
 
 
もちろん、出汁パックを使うのも1つの手ですが、
1度は、かつお節を削ってから作る
ホンモノの手作り出汁の味を知ることも大切!
 

ちょっと高級な出汁パック買えばいいやん。

って、言われるんですけど
もう、全然違うのです。
出汁パックと、手作り出汁の違いを、
私の観点から書くと、

  • 香り

が違います。
 
香り
・出汁パック→ふんわり香る出汁の香り。
・手作り出汁→部屋中にほっとする出汁の香りが広がります。

・出汁パック→まぁ、こんな色だよね。という黄色の出汁。
・手作り出汁→黄金色!!!!
 

(出汁を濾している写真です。美しいです。)
 
 

・出汁パック→美味しいねー。
・手作り出汁→
「なんじゃごりゃー!」
「もう味付けせんでいいやん、これ!」
(実際に、初めて手作り出汁を飲まれた方の声)
 
凄さ、伝わりますでしょうか・・・・。
 

いつもの料理が出汁を変えるだけで・・・

2018年1月の料理教室は
出汁の取り方一つで、ここまで味が変わるのか!
という感動体験をしてほしいので
作る料理は、シンプル。

 
・玄米ご飯
・お味噌汁
・肉じゃが
・だし巻き卵
・ほうれん草のお浸し
 
家庭料理の定番を
丁寧に作っていきます。
 
既に、お申込多数いただき
有り難いことに、満席になりました。
ありがとうございます。
 
ホンモノの出汁の美味しさを
楽しくお伝えいたします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です