とんでもないことがあったのですが

しばらく前に
とんでもないことがあったのですが

その出来事があって
久しぶりに、自分自身の「死」と向き合いました。

前回「死」に向き合ったのは
義理祖父の死。

義理祖父の死と

私自身の死に共通していたのは

「後悔」

その出来事があった瞬間
頭によぎったのは

・ああ、もっと生徒さんに伝えておけばよかった

・あの人に伝えたいのはあのことだった

・あれもしておけばよかった

などの後悔ばかりw

奇跡的に(奇跡的すぎた、もう全てが)

今もこうして活動できているので良かったのですが

この出来事を通して

「やっぱり、ご先祖様、神様、守護霊様、指導霊様たちっていらっしゃるわ…」

って感じざるを得なくなり

益々、自分の命を大事にしつつ

皆に感謝だ…と胸から沸き上がってきたのでした。

これからは、今まで以上に

伝えたいことは伝え

やりたいことはやり

それらが出来ている今の環境や

今在るものにも感謝しつつ

毎日を生き続けようと思いました。

いや〜〜〜、こういう経験が無いと

自分の命についてや

ご先祖様のことこんなに濃厚に思ったりしなかったな〜。

そういうタイミングだったのかも。

________________

いつも読んでくれてありがとう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。