不安、愚痴、ネガティブ、悲しいことなどを言わせない人との距離感について書く

菌を愛で、味噌を愛している望です。こんにちは。

人生初SUPをしました。

生きていれば幸せな事ばかりではなくて

落ち込むこととか不安なこと悲しいことも

たくさんやってくる。

進めば進むほど出てくる。

そんな時、普段は抱え込みやすいけど

それでも相談したいと思って相談すると、相手から

「そんな悲しいこと想像しないでよ〜もっとポジティブなことを考えようよ」

「そこに居続けたらどんどん同じ周波数の

ものがやってくるから、早く切り替えて!」

と言ってくる人に対して

私は静かに、深い所にある心の扉を閉めます。

ポジティブな圧って時には毒がついてる刃物。

そんなことを考える自分がいけないんだ、、

と責めながらじわじわ心のダメージは悪化。

マイナスなことを考える自分を見せられない

と思って、その人と深い話ができなくなる。

結果、その人とは楽しいことは共有できるけど

どこか浅い関係。

その人から見た私も、

私から見たその人も深い所は分からぬまま。

最近ありがたいと思うのは

今までの人で相談することが良しとされなかった

話の内容を伝えても

私の考えを否定することなく

切り替えろと言うこともなく

ただ、その感情や今の状態に寄り添ってくれる

ばかりか、その感情や出来事から何を掴みたいのか

までを見守ってくれる人がいること。

あと、会った瞬間、声を聞いた瞬間、雰囲気とかで

何かあったなと察してくれて

私が話しやすい雰囲気を作ってくれ

一緒に掘ってくれる人もいる。

その感情になった根本を深掘りしたいのに

言葉が出てこなくて進めなくなった時には

話を聞いてくれる人の経験談を通じて、

私の感情の言葉を捕まえることもできている。

これ、ほんっっっっっっとにびっくりで

不安、ネガティブ、愚痴、

好きな人が好きなものだけど私は大っ嫌いなものがある、、、

それらを否定したり

無理矢理ポジティブな方向に切り替えると

心がずーーーっとモヤモヤして気持ち悪いのに

それらを感じる自分を出しても一緒にいてくれて、

「それも含めてのぞみちゃんだから。」

って言ってくれる人がいるんだ

と分かったときに

そんな感情や不安や愚痴が出てくる自分が許せて

何かが浄化されていくのです。

心の気持ち悪さが溶けていく感覚。

ポジティブなことを話せる人ももちろん大切だけどさ

何か悲しいこととか不安なこと

どうしようも無い感情で悩んでいるときに

いてくれる人のことは

大切よりももっと深い、大切。

ポジティブもネガティブも全部ひっくるめて

“許す”をやっているから

生徒さん達との向き合い方も自分の中で

変わってきている。

生徒さんの陰やネガティブな面は

最初から寄り添ってきてはいたけど

自分自身の深い所から自分を許せてきているから

目に見えないところでちょっとずつ

生徒さんへの言葉や雰囲気も必ず変わっている。

どんな自分も許せるから

目の前の人が、どんな状態になっても

それもひっくるめてその人なんだと腹に落ちる。

そんな人達の事を想いながら

人生で初めてのSUP。

海の上に寝転びながら夕日が沈んでいくのを見てたら

色んな自分を許せたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です