美ボディ管理栄養士への道 その1

おはようございます。
 
筋肉痛管理栄養士
笹村望です。
 

 
実は、昨日から
「パーソナルトレーニング」
というもを始めました。
 

どうして始めようと思ったのか。

 
ずっと好きなことをやり続けるためには
健康な身体が必須。
 
健康な身体は、食べ物だけでは成り立たたず
運動も大切。
 
分かってはいたけれども
運動においては腰が重たく、
実際の行動に伴っていなかったからです。
 
最近、Instagramで
モデルさんが
パーソナルトレーニングの動画を
配信していることが多くなって
 
その影響か
ジムに行く女性が増えたり
筋トレ動画をアップする女性が増えたり
 
ただ痩せるだけではなくて
キレイなカラダになりたい。
という素敵な考えになる人が増えたな
と嬉しく思います。
 
 
笹村さんの場合は
食事に関しては
自分に合う食事法を見つけて実践中なので
このまま高めていこうと思っているのですが
 
 
筋肉トレーニングなどは….
 
無知。
 
 
 
去年、福岡マラソンを完走したのですが
それまで、体育の授業以外
全く運動経験が無かったので
 
完走できたことさえ奇跡で
あれは夢だったんじゃないのか?
と今でも思うぐらいです…。
 
今は、時間があるときに
ジョギングに行くのですが
 
・定期的に身体を動かしたい。
・折角身体を動かすなら効果があるトレーニングがしたい。
 
という思いがあったので
ずっと、どこか良いパーソナルトレーニングスタジオは
ないものかと
ぼんやり探していたのです。

インストラクターの紹介

そんな時に、知り合いの方から
素敵なパーソナルトレーナーさんを
紹介頂いたのです。
 
パーソナルトレーニングのインストラクターは
合原勝之先生です。
(合原先生についてはコチラから)
 
 
合原先生のスタジオは

「自由に人生を楽しむために、
生涯続く身体作りを。
継続的な結果を目指すトレーニングジム。」

という
私の心にドストライクなコンセプトだったのです。
 
これだけでも魅力的なのですが
それに加え、
合原先生のパーソナルトレーニングは
口コミでかなり評判が良く
 
実際に、私の周りでも
既に何人か、合原先生の
パーソナルトレーニングを
受けてました。
 
知っている人が通っている
パーソナルトレーニングなら
更に安心だ!
ということで通い始めたというわけでございます。

トレーニング開始

トレーニング初日は
今の身体の状態を見てもらうところからはじまりました。
 
もう、この時点で
私は焦っていました。
 
なぜなら
私は身体がガッチガチに固いから。
 
こりゃ、先生に どん引きされる・・・
と思いながらチェックを受けました。
 
合原先生からのフィードバック。
 
どうやら私は
身体の関節がふにゃんふにゃん
らしいです。
 
ふにゃんふにゃんって
良くないことなのかしら・・・ザワザワ
 
もう一つの問題が
背中が硬すぎる
ということ。
 
この2つの問題プラス
筋肉量の無さが
 
想像を絶する
トレーニングに繋がるのでした・・・。
 
 
具体的なトレーニング内容は
次回から載せようと思うのですが
 
今の私は、
トレーニングするための
基本姿勢さえとれません(;゜ロ゜)
 
柔軟性もなし
筋肉量もなし
 
やる気だけはあるので
地道に頑張るとします・・・。
 

トレーニングの翌朝

起きたとき
あ、なんだ全然筋肉痛無いやん。
 
私ってまだ若かったわ。
 
と思ったのですが
トイレで用を済ませて
さあ立とう、と思った瞬間
 
 
便器から立ちあがることができませんでした。
 
 
それからじわじわと
筋肉痛がやってきて
 
福岡マラソン完走後並の筋肉痛で
普段いかに運動不足だったかを
痛いほど思い知らされたのでした。
 
※筋肉痛は4日間続きました。
 

1回目まとめ

 
ということで、初回は
プロのインストラクターの方も
あっちょんぶりけな
 
私のカラダの堅さと運動不足が
明るみに出た回でした(トホホ
 
 
そして、思いました。
 
運動ができない人ほど
マンツーマンでプロの方に
トレーニングを教わった方が良いと(;゜ロ゜)
 
今はYouTubeなどでも
簡単にトレーニング動画を見ることができますが
 
そのトレーニングの仕方
果たして合っているのか
効果的なトレーニングなのか
そもそも、自分に合っているトレーニングなのか
 
ここら辺が全然分からないと思うのです。
 
私も一時期
YouTubeを見ながらやっていましたが
ここまで筋肉痛になりませんでしたし
 
ちょっと疲れたら
やめちゃうし(笑
 
 
 
これから定期的に通うので
こんなに筋肉がなくて
カラダが固い人でも
 
コツコツ続けたら
これだけ変わることが出来たんだよ。
 
ということを伝えたいです。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です