いろいろやっても望む体型にならないって時

あなたの親友が


今まで体育の時間ぐらいしか
運動した事が無いのに
  
富士山に登ったことが無いのに


ある日いきなり、登ると決めて
自分で勝手に登って
 
その途中に
ちょっと自分にとって嫌な経験をしたからと
 
「自分にこの方法は向いていません」
「だから、私は富士山に登れることは無いんです」
 
 
って、言ってきたら
 
 
あなたは、親友に
何て声をかけますか??
 

 
多分、ツッコミどころが多すぎて
まず、何から言おうか…
ってなりませんか??
 
 
そもそも
「いきなり富士山に登るんじゃなくて
富士山に登ったことがある経験者から
話を聞くなりして
 
道具を揃えたり、
身近な山で登る練習してから行きなよ」
 
 
って感じですよね。
  
 
私の元に、栄養カウンセリングに
いらっしゃる方のほとんどの悩みや
「体質だと思う」と思われていることって
 
 
ほとんどは、自分の誤解で
 
 
ちゃんと病院で検査をしたら
色々原因も見えてくる物です。
  
 
まずは、一旦冷静になって
自分の状態を客観的に知って
 
 
それから、どうなりたいかを
冷静に考える方が
 
 
あなたのなりたい姿を叶えた後も
その状態を維持できるし
どんどんアップグレードの道に進めるし
おすすめですよ^^
 
 

自分に合うかも分からずに
あれこれ手を着けて
  
 
たった何ヶ月かという短い期間で
しかも、その方法が合っているかも分からずに
挫折するという経験を
 
もうそろそろ卒業しても良いと思う^^
 
ずっとその状態を繰り返すのが悪いと言うことではなくて
卒業したい方だけ、卒業したらいいのです。

 

いつも読んでくれてありがとう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。