下手こいたー。日焼けしてしまったときに摂りたい栄養素3つ

「笹村さん、焼けましたね〜」
3日ぶりに会う人に何気なく言われてぎょっとした。
 
いやいや、まだ6月だし
私は毎日日傘をさしておるのですよ。
焼けるわけがないですわよ。
と思っていたけど
家に帰ってお風呂に入る為にスッポンポンになってびっくりポン。
裸のTシャツ着てるみたいになっとるやないか〜い。
ふと、足下をみて、更にびっくりポン
裸のサンダル履いてるみたいになっとるやないか〜い。
普段から意識してたつもりだったけど、いつのまにこんなに焼けたんだろう。
と思ったけど、うっかり日焼け対策を忘れた日も結構あるかも・・。
うん、もう焼けてしまったものはしょうがない。
問題は、この肌をどうするか。
というのも、私は
アトピー持ち、乾燥性敏感肌なのです。
この2つが組み合わさると
冬の乾燥はもちろん、
夏の日焼けも、神経する減るぐらい気を遣わないと
あっという間に、肌が大変なことになるのです。
私はここ2年ぐらいでアトピーは少しずつ治ってきたんだけど
それでも、ドラッグストアなどで売っている安い日焼け止めクリームは、一部を除いて
ほとんど肌に合わない。
日焼け予防の代償に、全身に赤いプツプツがたくさんできちゃう。
なるべく日焼け止めクリームに頼りすぎず、食べ物で予防したいところ。
今回は、日焼けしてしまった場合に
アトピー、乾燥性敏感肌の笹村が
日焼けのケアの為に意識して摂る栄養素3つを紹介します。
普段から日焼け予防をするのは勿論なんだけど
焼けちゃったもんはもうしょうがないもんね。うん。

1ビタミンC

ビタミンCはもう鉄板。
抗酸化作用と、紫外線に含まれている活性酸素を抑えてくれるから
助かります。本当ありがとう!
生野菜を食べるか、
“野菜は高いし、普段料理しないから食べないよ!”
という人は、サプリメントを摂るだけでも違いますよ。
ビタミンCは水に溶けやすいくて、汗や尿からバンバンでるから
定期的に摂る必要があるから、無理なく食べ続けられる方法がオススメ。
ただ、サプリメントを買うときは
どうやって作られているのかをしっかり調べた方が良いよ〜。

2ビタミンA

ビタミンAは、乾燥肌の方は気にかけていると良いビタミン。
抗酸化作用に加えて、乾燥肌の予防に効能ばっちりなビタミンA
あとは、免疫機能も高めるから、温度差が激しくて、体調崩しそうやなぁ
って思う時に食べるのもいいかも。
ビタミンAを意識して摂りたいときは、
緑黄色野菜、ニンジンとか。ピーマンとかを食べたり
レバー、うなぎにも含まれてるから食べてる。
ニンジンは、最高においしいニンジンをおろしているイタリアンレストランに
買いに行くよ٩( ‘ω’ )و
そんで、そのニンジンを丸ごとミキサーにかけてゴクゴク飲んでます。
(このニンジン以外、生でニンジン食べられないぐらい甘くて栄養満点の無農薬のニンジンがあるのですよ。
この話はまた今度・・・・。 )

レバーは、調理が面倒だから
セブンイレブンで売っている「レバニラ」を買ってるよ。
これがもう、とっても美味しい!
中華料理店で食べるレバニラと全く同じ味!しかも安い。
セブンイレブンでレバニラを見かけると
つい買ってしまいそうになるぐらい、だいすきで
よく食べています。
これこれ↓

3リコピン

リコピンは、日焼けしてしまった時には
もりもり食べたいもの。
紫外線を浴びてしまったときの活性酸素に対しての抗酸化作用が期待できるから
リコピンをたっぷり摂って
少しでもカラダを労わる!
頼むよ〜リコピンちゃん。

おわりに

こんな感じで、日焼け予防や、日焼けをしてしまったときに
栄養素を補給しております。
あとは、毎日お風呂かシャワーを浴びて
肌を清潔に保って
肌の新陳代謝に完全にゆだねます。
明日から、もっと日焼け予防対策をしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です