【腸活】冬至を心地よく過ごすコツ3つ

菌を愛で、味噌を愛している望です。こんにちは。

明日、12月22日は冬至ですね。
この時期に体調を崩す方を多く見かけます。

よりにもよって年末で忙しい中
体調やメンタルが落ちることで

イライラしたり
なんで私ってこんな性格なんだろうって落ち込んだり
人の悪いところばっかり目に付くようになったり
もういいやっ、って投げやりになったり
マイナスな妄想を何度もループしてしまったり
暴飲暴食をしたあとに落ち込んだり

しっかししなきゃ、と思うほどに体は重たくて
どうすればいいの・・・って感じかもしれません。

でも、それは冬至前によくある
デトックスの時期だからこそ、自分が見たくないところが
出てきているのだと私は考えています。

なので、あなた個人が悪いわけでは無くて
今はそういう時期なんだなと思って欲しいのですが
ちょっとでも気分が軽くなってくれたらいいなと思って
冬至の時期におすすめの過ごし方をお伝えしますね。

お風呂にゆっくり浸かる

どうせ落ち込むなら、お風呂の中で落ち込んでみてください。
熱すぎない温度で20分ぐらい。
そこで、ぼ〜〜〜っとしてみてください。

不思議と心も体もリラックスしてくるはずです。

これは、モヤモヤしていたりイライラしたりするときに活発になる
交感神経(戦闘態勢)を落ち着かせて
副交感神経(リラックス)を活発にしてくれるからです。

私はお風呂が大好きで、何かモヤモヤするとか疲れが溜まってきた
と思った時は、マグネシウムを浴槽に入れて
ドバドバ汗をかきながら、お肌ツルツルになりながら
お風呂に浸かります。

マグネシウムは、私達が生きる上で必須のミネラル。
ストレスを感じたり甘い物を食べ過ぎたりすると
ものすごく消費されるのです。でも自分では作れない。
なので私は毎日水に入れて飲んだりお風呂に入るときは
入浴剤としても使っています(皮膚からも吸収できる)

お風呂から上がって、眠たくなったらもう寝ちゃってください。

散歩する、普段行かないところに行く

気分が落ちたり、同じ事をグルグル考えで落ち込むときは
体を動かすことをお勧めします。

運動は運を動かすと書くので
停滞しているときほど体を動かした方が良いです。

1日に20分以上走るなどして体を動かすと
エネルギーを作るミトコンドリアが喜んでエネルギーを
ばんばん作ってくれます。
そうすると体全体が活発になるので心も元気になります。

あとは、普段行かないけど行ってみたかったところに足を運んで
存分に楽しんで心をワクワクさせるのも良いです。

鍋祭りにする

忙しくて、ご飯何にしようとかも考えたくない。
外食ばっかりで体がダル重たい。
肌が荒れてきた。
暴食が止まらない。

そんな時は、しばらく家での食事は
鍋料理にすると良いです。

体がダル重い、肌荒れの原因の一つに
ビタミン、ミネラル、食物繊維不足が考えられます。
なので、それらを補給し続ければ体調は整ってくる可能性大。

あれこれ献立を考えるのも億劫だと思うので
おすすめは、断然「鍋料理!」

絶対に入れて欲しい具材は
・豆腐
・えのき
・しめじ
・水菜、白菜、ネギなどの青菜をてんこもりに
・人参

普段不足しやすいビタミン、ミネラルをたっぷりいただきましょ!

私は、鍋を小皿によそった後に
マグネシウムを1滴入れながら食べます。

しつこいぐらいマグネシウムを摂取しているのですが
本当に大切なのよ、マグネシウム。

生徒様のほとんどがカバンに常備している品。

鍋の残りは次の日に豆乳と白味噌を入れて雑炊にしてみたりだとか
いろいろ工夫してみてね^^

まとめ

冬至らへんのデトックス期におすすめの過ごし方をお伝えしました。
ずっと落ち込んでいるよりも、少しでも自分が心地よくなる事を
見つけて実践してみてね!

毎日の腸活つぶやきはLINE@で配信中です。
良かったら友達登録してねん。

LINE友達追加URL:https://lin.ee/akn5Xii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です